脱毛の種類「レーザー」ってどんなもの?

レーザーによる脱毛、最近近くの皮膚科などでも行われるようになって、かなり身近なものとなりました。

光脱毛も、レーザーと同じような種類の処理となりますが、出力数などが強力になるため、レーザーと呼ばれる処理に関しては、医師免許を取得している医師が行う施術です。

専門的な知識をを持ち、その教育をうけたエステティシャンであっても、レーザーの施術を行うことはできません。

レーザー光線というのは特定の色を感知し、その色の部分だけに熱を与えるということができます。

毛根部分というのは黒い色素をもつメラニンという部分があります。

Check=メラニン色素【URL:https://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dictionary/40.html

この毛根部分の黒い色に反応させて、毛包部分を焼き切ることで組織破壊を行い、発毛が永久的に起きないようにするという方法です。

日本人の場合、表皮に黒い組織がある程度存在しているということもあるため、日本人の肌にあった荒れ木さんドライとレーザー、またダイオードレーザーというものが開発され、現在最も適した効果の高いものとされています。

レーザー脱毛の場合、痛みが少ない、広範囲に一気に施術ができるという特徴があります。

時間的に余裕がない人が、スピーディに脱毛したいという場合には、やはりレーザーによる処理が一番早いと思います。